×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビーチバレーボール ユニフォーム〜男子情報!

ビーチバレーボール ユニフォーム〜男子

カテゴリー :ユニフォーム

 ビーチバレーボールのショートパンツや水着 です。競技のユニフォームは競技会が特にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツや水着を着用します。帽子をかぶってもよいです。

また、ジャージやタンクトップは任意です。チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければなりません。

靴は履かず、素足で競技します。 競技中はけがのおそれのあるものは身につけてはいけません。眼鏡は選手自身の責任において着用が認められます。

ユニフォームは、FIVBとしてはそれぞれの競技会が規定した場合、その規定に沿うこととになります。2004年アテネオリンピックではオリンピック競技として、下記のスタイル規定をしました。

男性は、 タンクトップとショートパンツのセパレート型のユニフォームを着用します。タンクトップは体にぴったりと密着したものとします。
 ショートパンツはぶかぶかのものは禁で、裾は膝上15cm以上とします。タンクトップは明るく鮮やかな色とします。ショートパンツは暗い色でも可です。

コラム > ビーチバレーボール ユニフォーム〜男子について書かれています。

ビーチバレーボール ユニフォーム〜女子

カテゴリー :ユニフォーム

 ビーチバレーボール競技のユニフォームは競技会が特にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツや水着を着用します。帽子をかぶってもよいです。
 ジャージやタンクトップは任意で、チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければなりmせん。

ビーチバレーボールのユニフォームは、FIVBとしてはそれぞれの競技会が規定した場合、その規定に沿うこととしています。
 2004年アテネオリンピックではオリンピック競技として、下記のスタイル規定をしました。
 ビーチバレーボールの女性のユニフォームは、 タンクトップとブリーフのセパレート型、もしくはワンピース型(上半身、下半身一体型)のユニフォームを着用します。タンクトップは体にぴったりと密着したもので、袖ぐりは背中に深く、また胸の上部と腹部は大きくカットされたものです。

ブリーフはぴったりとしたもので、裾は左右が上向きにカットされ、サイドは7cm以下となっています。ワンピース型もぴったりと体に密着するもので、背中と胸の上部は開いたものです。トップ、ブリーフ、ワンピース型は明るく鮮やかな色を使います。

コラム > ビーチバレーボール ユニフォーム〜女子について書かれています。

ビーチバレーボール ユニフォーム〜規定

カテゴリー :ユニフォーム

 ビーチバレーボール(英語:beach volleyball)は、バレーボールから派生した球技の1つです。砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦します。アメリカ発祥のビーチスポーツで、1996年のアトランタオリンピックよりオリンピックの正式種目となりました。

ビーチバレーボールの競技ユニフォームは、競技会が特にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツや水着を着用します。帽子をかぶってもよい。ジャージやタンクトップは任意です。 
 しかし、チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければなりません。

靴は履かず、素足で競技します。 競技中はけがのおそれのあるものは身につけてはいけません。眼鏡は選手自身の責任において着用が認められます。

ユニフォームは、FIVBとしてはそれぞれの競技会が規定した場合、その規定に沿うこととしています。
2004年アテネオリンピックではオリンピック競技として、男子と女子のスタイル規定をしました。

コラム > ビーチバレーボール ユニフォーム〜規定について書かれています。